東京下町・谷中ってどんなとこ?の巻

皆さん、こんにちは。

先日の「オート先生の総回診」はご覧になりましたか?

オート先生、3月10日のイベント告知ホントにありがとうございます!!

 

ところで、東京在住の方が意外と行ったことない観光地の上位にランキング

される谷中・根津・千駄木の通称「谷根千」(大人のカメラ部調べ)

一体どんなところなの?という方の為に、、当部なりにご紹介させて頂きます。

 

今回のインベントで皆さんと一緒に巡るエリアは谷中のこの辺りを予定しています。

まずは、JR日暮里駅の南改札口から出発(緑のとんがり屋根が目印です。)

歩き出してすぐ、もみじ坂と呼ばれる小さな坂道をのぼると、、

どーん!こんなとこに大仏様がいるなんて知らなかったー( ゚Д゚)。

ここは天王寺というお寺。ちなみに谷中には七福神がそれぞれ祀られている

お寺があるのですが、ここ天王寺は「毘沙門天」のお寺です。

境内の中は、兼六園のような感じですね。

さて、天王寺を後に、谷中霊園の間の並木道を歩いていきます。

霊園だけに、夜はあまり来たくないような気がしますが、昼間はとても

気持ちの良い散歩道です。

この谷中霊園、長い歴史ゆえ著名人のお墓も数多くあります。

中でも一番有名な方は江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜のお墓。

「この紋所が目に入らぬか!」 はい、いやでも目に入ります。

(残念ながらフェンスに鍵がかかっていて、中までは入れません。)

ちなみにこの谷中霊園、以前は五重塔まであったそうですが、

今では更地になっています。

引き続きぶらぶらと散歩していくと、ねずみ小僧が屋根にいそうなレトロな

建物があったり、

町の自転車屋さんもなんだか渋い装いで歴史を感じさせてくれます。

道のいたるところに、お地蔵さんがいらっしゃいます。

みなしっかり頭巾をかぶってるので、ぼくの帽子を貸してあげて恩返しを

期待することはできませんでした(-_-)。

それにしても、お寺の多い町です。ふと空を見上げるとなんと金の観音様!

大仏様だったり、観音様だったり、江戸時代にこの辺りに暮らしていた方々の

信仰心が今でも地元の方に引き継がれているのですね。

 

さて、谷中銀座が近づいてきました。猫(これは人形)がお出迎えしてくれます。

テレビの街歩き番組でも良く見る谷中といえば有名な光景です。休日は日本人から

訪日外国人まで多くの観光客で賑わいます。

さすが猫の町と言われる谷中。お惣菜屋さんや飲食店に混じって、猫グッズの

お店もあちこちにあります。猫好きには堪りませぬ。

かと思えば、なにやらエスニックなお店もあったりして、どこを覗いても

見飽きることがなく、写真の被写体も沢山あります。

店主が旅に出てしまったらしいお店も、、、

ところで、本物の猫は実際そんなにいるの?と思われるかもしれません。

さすがに多くの人で賑わうメイン通りではあまり見かけませんが、、、

大人のカメラ部、うろうろ探しまわりナイススポットを発見しました!

当日のご参加者には、こっそりお教えしますね。

 

では、長くなってしまいましたが、当日出会った猫達の写真をご覧頂きながら、

本日のブログはここまで。

 

おじいちゃんみたいなぬっこ。

なかなかイケメンなぬっこ。

谷中の黒豹と呼んでくれ的なぬっこ。

自転車にひかれたふりをするぬっこ。(寝てるだけ)

もはや油断という言葉しか浮かばないぬっこ。

 

という訳で、イベントはまだまだ受付中です!

オート先生と一緒に、歴史と下町と猫巡りの一日を楽しく過ごしましょう!!

ではでは

 

フジタ

先着30名!3月10日(日)オート先生と巡る!東京下町・谷中スナップフォトウォーク&リアル回診

コメント

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Category カテゴリー

New article 新着記事

Archive アーカイブ